なんでもニュース

Read Article

香川真司ドルトムント移籍後に活躍!次の移籍はどこへ?

香川真司ドルトムント移籍後に活躍!次の移籍はどこへ?

現在のボルシア・ドルトムントの活躍は?

日本代表MFの香川真司は、8万人超のファンとチームメイトが復帰を祝う中、

ドルトムント復帰戦となるフライブルグ戦で1ゴールを決め、いきなり「マン・オブザ・マッチ」に選ばれるほどなど大きな結果をだし活躍した。

復帰後、即結果を出したことでスタジアムを訪れたドルトムントサポーターの盛り上がりは絶頂に達した。

一方、古巣マンチェスター・ユナイテッドのサポーターたちは、香川の活躍を複雑な思いで見ていた。

香川は現在、ドルトムントで調子を上げている。

香川真司なぜマンチェスター・U時代活躍できなかったのか?

香川真司はオールド・トラフォードでのデビュー戦ですぐに成果をだしたものの、その後はベンチに控えることが多くなる

しかしながら快気を期して臨んだCLのブラガ戦で膝を故障し、長期の欠場を余儀なくされた。

そのため香川真司がクラブで強い印象を残したという声はほとんどない。

香川真司が怪我により活躍できなかったという理由のほかに、クラブでの激しいポジション争いの厳しさによるものもあると考えられる。

昔のボルシア・ドルトムントではどうだったか?

昔のボルシア・ドルトムントでの香川真司は、「僕が2点取って2-0で勝つ」との予想発言通りに2得点を挙げ勝利を納め、キッカー誌、ビルド紙等で最高評価点『1』を獲得。

またUEFAヨーロッパリーグにおいて、8試合で4得点を記録。

2011年1月にはFIFAが発表した「2011年期待の若手13人」の1人に選ばれたなどその他も含め好成績を出している。

 

香川真司アジアサッカー選手市場価格1位、そして今後

香川真司の得点能力・アシスト力は誰もが知っているだろう。

香川真司はその能力が評価され、アジア人サッカー選手の市場価値ランキングで1位の称号を得た。

市場価格は2120万ドルである。

今後、とうぶんはドルトムントで活躍を見せてくれるだろう。

いままでの経験を活かし、それをバネによい結果をだしてくれると信じている。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

Return Top