なんでもニュース

Read Article

クリスマスシーズン到来!クリスマスに関わるオモシロ小ネタ・噂まとめ!!

クリスマスシーズン到来!クリスマスに関わるオモシロ小ネタ・噂まとめ!!

10月27日夜、東京では去年よりも一足早く木枯らし一号が吹いた。

さらに、北海道では初雪も観測され、続々と冬の気配が迫るのを感じてきたのではないだろうか?

そして迫る冬とともに意識してしまうのが「クリスマス」

今回はそんなクリスマスに向けて、つい「知ってる?」と言いたくなるちょっとした小ネタ・噂をまとめた。

1、サンタクロースは本当にいる!?

結論から言うと、サンタクロースはいる。さらに正確にいうと、「なれる」のである。

いくつかの条件を満たして、グリーンランド国際サンタクロース協会(本部デンマーク)の試験に合格すれば、『公認サンタクロース』になれる!

ちなみにその条件は・・・

・結婚して、子どもがいること。

・体重は120㎏以上。

・他国のサンタクロースとコミニュケーションが出来る事。

・・・など。

サンタ

実際に、アジア人初の公認サンタとしてパラダイス山元という日本人がなっていることからこの情報は確かなようだ。

2、世界サンタクロース会議がある

これもホントの話!

先ほど述べた「公認サンタクロース」になると毎年、真夏のデンマークで開かれる「世界サンタクロース会議」に出席して、ライセンスを更新するという義務が課せられる。

ここでは、良い子・悪い子の審査、時代に合わせたプレゼントの中身、クリスマスの正しい過ごし方などを話し合っている。

サンタ会議

ただ会議出席の際には、真夏にも関わらず「自宅からサンタクロースの衣裳で向かうこと(移動の途中で脱いではいけない)」という厳しい条件もあるようだ。

 

グリーンランドサンタクロース協会 日本支部 公式サイトはこちら

 

クリスマス・イブのイブは前日という意味ではない

キリスト教の行事であるこのクリスマスだが正式な日時は24日の晩から25日。

クリスマス・イブの「イブ」とはすなわちその少し前の日没後、つまり「イブニング」の略なのだ。

ましてや23日をクリスマスイブイブなんて人前で言ったら赤っ恥

サンタクロースの移動速度はマッハ37

これは冷静な計算結果である。

どの子供もプレゼントをもらえると仮定して話を進めるとしよう。

世界の人口に占める子供の数、子供のいる家の分布、各家庭間の距離などを計算してサンタさんが移動する距離を約1億キロメートルと仮定し、
時差分を含めた1日36時間でこれを割ると、
移動速度は「時速約280万キロメートル」という数字がはじき出される。

・・・ちなみに光の速度は時速約30万キロメートルである。

今はサンタさんも前より増えたから大丈夫?

サンタ 速さ

クリスマスケーキは不二家の戦略!?

クリスマスにケーキを食べる習慣は不二家が1922年(大正11年)頃から広めたためと言われている。

しかしその前に、90年前から日本でもクリスマスケーキあったことに驚きである。

不二家

サンタカラーの赤はコカ・コーラの戦略!?

サンタクロースはもともとは妖精サイズであった。

それを等身大のサイズに拡大したのは米コカコーラ社の宣伝部だったという話。コカコーラ社は、同社のイメージカラーである「赤」をサンタクロースの衣服に重ね、サンタクロースがコカコーラを飲んでいるイメージのポスターや広告を大量に作成して、ブランドイメージの浸透を図った言われている!

コカ・コーラ クリスマス

カンガルーがソリを引く!?

オーストラリアではサンタがサーフィンに乗ってやってくるという話もあるが・・・カンガルー・・・。

しかし、これではプレゼントもサンタもはね落ちてしまいそうでならない。

カンガルーサンタ

サンタが配るおもちゃ

サンタは夏の間は一見普通のおじいさんだが、魔法が使えるらしい。
こっそりとどこかに住んでいるけれど、人がそこに迷い込んでしまう。
そしてサンタは、魔法でその人間をおもちゃにしてしまうらしい。
サンタがクリスマスに配っているおもちゃは、実はそのおもちゃであるとか・・・。

images (3)

メリークリスマス!のメリーの意味は?

「メリー」(merry)の意味は「陽気な、笑いさざめく」である。

毎年意味も分からず言っていたみなさん、今年はこのことを友人に教えてぜひメリーな気持ちを共有してほしい。

ダウンロード (4)

以上、クリスマスの小ネタ・噂のまとめであったがいかがだったろうか?

友人や同僚、恋人に今年のクリスマスのちょっとした話題に出してみるのもいいかもしれない。

 

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

Return Top