なんでもニュース

Read Article

エボラ出血熱 日本到来!? 東京・町田市、関西空港に!? 相次ぐエボラ出血熱感染疑惑!【追記あり】

エボラ出血熱 日本到来!? 東京・町田市、関西空港に!? 相次ぐエボラ出血熱感染疑惑!【追記あり】

2014年11月7日、NHKが報じるところによると、リベリアから帰国した東京・町田市在住の60代男性にエボラ出血熱に感染している疑いがあるという。男性は西アフリカのリベリア滞在歴があり、発熱などの症状を訴えているとのこと。厚労省は男性を指定医療機関に搬送。血液を国立感染症研究所(感染研)に運び、感染しているかどうか調べているために、詳しい検査を行うとしている。

  • 3週間以内にリベリア滞在

男性は3週間以内にリベリアに滞在していたという。2014年11月7日午後に、38度以上の発熱があり町田市内の医療機関で受診した。

  • 11月4日帰国

男性は11月4日に帰国。その時に体調不良を訴えていなかったとのことである。7日午前に発熱があり、町田市内の病院を受診し、念のため検査を受けることになった。男性から検疫所に連絡があったとのことだ。検査の結果が非常に気になるところだ。

Pickup!→菅官房長官が述べた!

「エボラ出血熱感染可能性低い」

菅官房長官は午後の記者会見で、西アフリカのリベリアに滞在歴のある男性が発熱などの症状を訴え、厚生労働省が念のためエボラ出血熱の検査を行うことにしていることについて、この男性が感染している可能性は低いという見方を示した。

この中で、菅官房長官は、西アフリカのリベリアに滞在歴のある男性が発熱などの症状を訴え、厚生労働省が念のためエボラ出血熱に感染しているかどうか検査を行うことにしていることについて、「検疫で疑いがあった事例の場合は、患者から献体を採取し、国立感染症研究所に搬送する段階で記者会見をするが、今回は、検疫で疑いがなかった事例だ」と述べた。
そのうえで、菅官房長官は、記者団が「感染している可能性は低いと見ているのか」と質問したのに対し、「今の状況的には、そのような状況だと考えている」と述べ、この男性が感染している可能性は低いという見方を示した。

7日午前に東京都内の医療機関に受診していた60代男性からエボラウイルスが検出されなかったと発表した。
しかし加えてこのようなニュースも報道された。

エボラ出血熱 関空到着のギニア人が発熱か

  • マスクと手袋を着用
  • アルコール等の消毒液で殺菌
  • こまめな手洗いうがい
  • 衛生管理をきっちりと

エボラ出血熱について知っておくべきことを、わかりやすくまとめたので詳しくはこちらを参照して欲しい。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

Return Top