なんでもニュース

Read Article

感染率44%!?バカになるウイルスを米研究チームが発見

感染率44%!?バカになるウイルスを米研究チームが発見

アメリカの名門校である、ジョンズ・ホプキンズ大学医学部とネブラスカ大学リンカーン校の共同研究者チームが、通常は藻に感染する「ATCV-1ウイルス」が、人間の脳に感染する場合があることを発見した。

そしてウイルスに感染した際には、「知能が低下する」ことも明らかとなった。

ATCV-1ウイルスとは?

「Proceedings of the National Academy of Sciences(PNAS)」誌に発表された研究論文によると、研究チームは、精神疾患に影響を与えるウイルスの研究で人間の喉に存在する微生物を調べていた際に、偶然にこのウイルスを発見したのだという。

さらに詳しくDNA検査を実施したところ、通常は緑藻に感染するウイルス「ATCV-1」(別名、クロロウイルス)のDNAと一致したのだ。

研究チームが発見したこのATCV-1ウイルスは、通常藻にのみ感染が確認されており、これまで人間には害を及ぼさないと考えられていたのだが今回でそれが覆されたこととなる。

それに加えて、このウイルスは、人間の認知能力、たとえば空間認識や視覚処理に関する能力に影響を与えることが確認されたのだ。

ATCV-1ウイルス 脅威

感染の脅威

同研究チームが被験者約100人の咽頭を調べたところ、44%の人からATCV-1ウイルスが見つかった

そして、ウイルスが見つかった被験者は、見つからなかった被験者に比べ、空間認識や視覚処理を評価するテストの成績が低かった

また、実験により感染させたマウスに対しては、迷路を解くのに正常状態より時間がかかったりなど記憶・空間認識と関連する海馬の遺伝子の働きに影響が見られた。

さらに、ATCV-1ウイルスが人間に感染する経路は現在不明であり、人同士の空気感染、緑藻の生える淡水や湖などを警戒すべきかどうかも定かでない。

そして最大の問題であるのは、このウイルスはヒトの防衛機能である免疫系を介さない史上初のウイルスであるという点だ。

エボラウイルスが騒がれる中ではあるが、こちらのウイルスは感染経路も不明でありながら確かな感染力を持っていると考えられる。

「馬鹿がうつる」という言葉があながち間違いないどころか、もしかしたらこれからの人類が最も危惧すべきウイルスは、このATCV-1ウイルスとなるかもしれない。

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

Return Top