なんでもニュース

Read Article

錦織圭の彼女からジュニア時代、プロ時代の戦歴まで徹底解析

錦織圭の彼女からジュニア時代、プロ時代の戦歴まで徹底解析

錦織圭って?

錦織圭がプロテニスプレイヤーなのはご存知の通りだがここでプロフィールをまとめておこう。 名前:錦織 圭(にしこり けい)錦織 生年月日:1989年12月29日 出身地:島根県松江市 身長:178cm 体重:70kg プレイスタイル:右打ち 所属:日清食品 現在ランキング:5位(11月11日現在)

錦織圭 プロへの軌跡

錦織圭がテニスを始めたのは父親である清志さんが出張先のハワイから子供用のラケットをお土産として渡した5歳であった。そこから6歳の頃から市内のテニスクラブに通うようになった。そしてテニスプレイヤーとして錦織圭が世に才能を見せ出したのは小学6年生(2001年)の時だ。 錦織圭は全日本ジュニア・全国小学生選手権・全国選抜ジュニア選手権のシングルス3冠を成し遂げた。このような偉業を成し遂げた錦織圭は松岡修造の目にとまります。その後、錦織圭は最年少でありながら松岡修造が現役引退後自らが主宰するジュニア育成にための「修造チャレンジ」に参加していた。 錦織圭はその後今までの活躍が認められ、米フロリダ州のIMGニックボロテリー・アカデミーへテニス留学することになりました。そのような環境の変化でも錦織圭は2003年ジュニアの世界トップが集う、オレンジボウルの14歳以下シングルスで準優勝。2006年全仏オープン・ジュニア男子ダブルスで日本男子初の四大大会ジュニア制覇という素晴らしい結果を残し2007年にプロへとなりました。

プロでの輝かしい結果

錦織圭の活躍はケガで出場が困難になった年もあったが様々な結果を出した。ここではその主なものを上げる。

グランドスラム大会結果
全豪オープン:3回戦(2014)、ベスト16(2013)、ベスト8(2012)、3回戦(2011)、1回戦(2009) 全仏オープン:1回戦(2014)、ベスト16(2013)、2回戦(2010/2011)、予選2回戦(2008) ウィンブルドン:4回戦(2014)、3回戦(2012/2013)、1回戦(2008/10/11) 全米オープン:準優勝(2014)、ベスト16(2008)、3回戦(2010/2012)、1回戦(2011/2013)、予選2回戦(2007)
その他大会結果
2008年 デルレイビーチ国際:優勝 北京オリンピック:出場 2011年 米男子クレーコート選手権:準優勝 スイスインドア:準優勝 2012年 楽天ジャパン・オープン:優勝 2013年 アメリカ国際インドアテニス選手権:優勝 2014年 アメリカ国際インドアテニス選手権:優勝 バルセロナ・オープン・サバデル:優勝 ムチュア・マドリッド・オープン:準優勝 マレーシア・オープン:優勝 楽天ジャパン・オープン:優勝

 

婚約者でもある彼女とは?

錦織圭と婚約者であり彼女でもある坪井保菜美(つぼいほなみ)との交際が発覚したのは2012年の11月であった。この時既に1年間ほどの交際があったという。錦織の婚約者

坪井保菜美って?

ここでは坪井保菜美の簡単なプロフィールを紹介する。 名前:坪井保菜美(つぼい ほなみ) 生年月日:1989年4月5日 出身:岐阜県 身長:167cm 体重:45kg

ジャスコ岐阜のジャスコ新体操スクール時代から注目されていた。岐阜大学教育学部附属中学校から済美高等学校に進学したが、北京オリンピック強化指定選手に選ばれた際に、練習拠点を千葉県に移動する。そのため高校2年進級時に千葉県立千葉大宮高等学校へ転校する。高校卒業後は早稲田大学スポーツ科学部に進学。

2人は今どうなってるの?

2人は今までは世界ランキング10位以内に入ることが婚約の条件としてきた。しかし錦織圭は世界一に届くところまで来ている。そこで結婚は後にして錦織圭の活躍を優先して新たな目標を立てたそうだ。それは「4大メジャー大会で優勝すること。」とした。

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

Return Top