なんでもニュース

Read Article

新語・流行語大賞ノミネート50語発表!!【2014年版】

新語・流行語大賞ノミネート50語発表!!【2014年版】

今年話題になった言葉に贈られる「新語・流行語大賞」の候補50語が19日発表された。

特に今回は人気映画の言葉や記者会見で注目された発言などがノミネートされた。

今年の傾向は?

「新語・流行語大賞」は、この1年で話題になった言葉から、うまい表現やニュアンスで今年の世相を表現した言葉を選ぶ賞で、19日その候補として50の言葉が選出された。

今年は、記者会見での発言やふるまいが話題になるケースが相次いだことは記憶にも残ってるだろう。

このうち、研究成果の真偽を巡る会見では小保方晴子さんの「STAP細胞はあります」

別の作曲家が曲を作っていたことが明らかになった会見では佐村河内守さんの「ゴーストライター」

さらに、政務活動費の問題で会見者が突然号泣しだした「号泣会見」がノミネートされた。

また、今年大ヒットしたアニメ映画「アナと雪の女王」からは、主題歌の歌詞に関連する「ありのままで」「レリゴー(Let It Go)」の2つのことばが候補になった。

ダウンロード (8)

政治や社会の問題では、「危険ドラッグ」「集団的自衛権」などの言葉のほか、国内で感染やその疑いで騒ぎになった「デング熱」「エボラ出血熱」が挙げられた。

さらに、スポーツの分野では、テニスの全米オープンで準優勝するなど、一年を通して目覚ましい活躍をした錦織圭選手「勝てない相手はもういない」や、フィギュアスケートの浅田真央選手が、ソチオリンピックのあと現役を続ける可能性について聞かれたときに答えた「ハーフハーフ」、それに、サッカーの本田圭佑選手がイタリアのビッククラブへの移籍会見のときに発言した「リトル本田」などが候補となっている。

ダウンロード (9)

このほか、今年ブレークしたお笑い女性コンビがコントの中で使う「ダメよ~ダメダメ」や、テレビアニメやキャラクター商品で子どもたちに大人気となった「妖怪ウォッチ」、NHKの連続ドラマ「花子とアン」のセリフやナレーションで使われた「こぴっと」「ごきげんよう」もノミネートされた。

ダウンロード (10)

「女子」と「記者会見」が特徴

「新語・流行語大賞」にノミネートされた50語は、今後、漫画家のやくみつるさんや歌人の俵万智さんら7人の選考委員によって審査され、来月1日に2014年の大賞が発表されます。
「新語・流行語大賞」の事務局では、「例年に比べてことばの分野がバラバラな印象がある。その中でも、『こじらせ女子』や『カープ女子』など『女性』に関することばが多く見られて、女性の力を強く感じることができる。また、ことしは記者会見に関することばが複数あったことも特徴的だ」と話している。

大賞が4語も生まれた去年と比べてしまうとややインパクトに欠ける2014年。さらにインパクトはありはするものの、記者会見などで取り上げられた方々の表彰はどうするのかなどと不安は絶えない。

ノミネート一覧

話題になった言葉に贈られる「新語・流行語大賞」。
2014年ノミネートされたのは、次の50語だ。

輝く女性STAP細胞はあります
バックビルディングまさ土
トリクルダウンデング熱
ダメよ~ダメダメ2025年問題
危険ドラッグアイス・バケツ・チャレンジ
家事ハラマタハラ
ありのままでレリゴー
こぴっとごきげんよう
リトル本田J婚
ゴーストライタータモロス
マイルドヤンキーリベンジポルノ
JKビジネス絶景
レジェンドゆづ
妖怪ウォッチ塩対応
マウンティング(女子)こじらせ女子
女装子号泣会見
セクハラやじ集団的自衛権
限定容認積極的平和主義
勝てない相手はもういないカープ女子
ワンオペハーフハーフ
消滅可能性都市壁ドン
ミドリムシ壊憲記念日
イスラム国雨傘革命
昼顔塩レモン
ビットコインエボラ出血熱

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

Return Top