なんでもニュース

Read Article

お年玉の金額相場、由来、何歳まであげればいいの?まとめてみた

お年玉の金額相場、由来、何歳まであげればいいの?まとめてみた

今年も間もなく終わっていしまいますが、お正月になれば子供たちがお待ちかねのお年玉をあげると思います。だけど私の息子、娘、孫、親戚に一体どれくらいあげたらいいのか迷ってしまいますよね。そこで今回はその金額の相場はもちろん、何歳まで上げたらいいのか、さらにお年玉の由来までまとめてみました。

お年玉の相場ってどのくらいなの?

各家庭が毎年迷ってしまうのがお年玉の金額ではないでしょうか。あまり多くあげても子供がお金に対して軽く考えてしまうかもしれない、かと言ってあまりにも少ないと子供が周りの家庭の金額と比べてしまってケチだとグチグチ言われかねないですよね。そこで年代別にいくら位渡しているのかまとめてみました。

お年玉の相場一覧
子供の年代・年齢別お年玉をあげる相手(贈り先)
自分の子供親類の子供・いとこ近所の親しい人の子供友人の子供
小学校入学前・ 幼稚園¥1,000¥2,000¥2,000¥1,000〜3,000
小学生/小学校低学年¥3,000¥3,000¥2,000¥3,000
小学生/小学校高学年¥5,000¥3,000¥3,000〜5,000¥3,000〜5,000
中学生¥5,000¥5,000¥3,000〜5,000¥3,000〜5,000
高校生¥10,000¥5,000〜10,000¥5,000¥5,000
大学生¥10,000¥10,000

上の表が相場となっているようです。また細かい金額は年齢×500円が大体の相場となっているようです。ですがこれはあくまで相場であるので、各家庭の事情なんかが必ずあると思います。なのでこれは参考程度にしていただいて調整してみるといいと思います。さらにお年玉をあげる年齢は学生までという意見が多数でした。

お年玉の由来ってなに?

お年玉といえば毎年お正月に大人が子供にお金というような認識になっていると思います。では昔からそうだったのでしょうか、お年玉の由来にを紹介しましょう。otosidama_souba_yurai

もともとはお餅でした。

でも、単なるお餅ではありません。なぜならそれは、「魂」を象徴するものだったからです。魂なんていうとビックリしますが、生きる力、気力だと思ってください。昔は、年の初めに年神様から新年の魂を分けていただく、つまり、毎年一年分の力を授かると考えられていたのです。

そもそも一連のお正月行事というのは、新年の神様である「年神様」を家に迎えて・もてなし・見送るための行事です。年神様は、新しい年の幸福や恵みとともに、私たちに魂を分けてくださると考えられてきました。

毎年魂を分けていただくということは、その数を数えれば年齢になります。そこで、お母さんのお腹の中にいるときにすでに魂があるから生まれたときは1歳と考え、その後は元旦がくるたびにみんな一斉に年をとる「数え年」だったわけです。

では、どうやって年神様から魂を分けていただくのでしょう? 鏡餅は年神様の依り代なので、家にいらした年神様は鏡餅に依りつきます。すると、鏡餅には年神様の「御魂」(みたま)が宿ります。この鏡餅の餅玉が、年神様の御魂であり、その年の魂となる「年魂」です。そして、年魂をあらわす餅玉を、家長が家族に「御年魂」「御年玉」として分け与えました。これがお年玉のルーツ! 玉には魂という意味があります。

この餅玉を食べるための料理が「お雑煮」で、餅を食べることで体に魂を取り込みました。ですから、お雑煮には必ず餅が入っており、お雑煮を食べないと正月を迎えた気がしないという感覚も間違ってはいないのです。

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

Return Top