なんでもニュース

Read Article

iPhoneとAndroidの違いを徹底比較 2015年に向け必見!

iPhoneとAndroidの違いを徹底比較 2015年に向け必見!

新年2015年が間もなくやってきますね。あなたが今これを読んでいるのはケータイ、またはインターネットが多数なんじゃないかと思います。今やほとんどの人が1人1台以上ケータイを持っている時代。あなたが持ち歩いているのはiPhone・Android・ガラケーどの機種でしょうか。こんなハイテクな時代になった今iPhoneAndroidって結局どっちの方が自分に合ってるのかわかんない!そんな声を多く耳にします。そこでiPhoneとAndroidの性能や使いやすさなどを比較していこうと思います。

iPhoneとAndroidの性能を比較

ここではiPhoneとAndroidのそれぞれの得意分野についてまとめていきます。

iPhoneの得意分野

1)持ちやすさ・軽さiphone_android_hikaku

iPhoneの方がアンドロイドより持ちやすくて軽く、画面の逆上にも手が届きやすくて片手操作が容易です。

2)画面・フォント

Retinaディスプレイは非常にキレイであり、フォントも美しいです。また、眩しい屋外でも比較的見やすいです。

3)操作性のシンプルさ

iPhoneはホームボタンのみであり、シンプルでわかりやすい操作という点では優れています。ボタンがホームボタンのみであり、あとはタッチで操作なので、アンドロイドよりもシンプルでわかりやすい操作が可能です。

4)アプリの豊富さ

アプリの種類がiPhoneの方が豊富です。ゲームアプリはiPhoneの方が充実しています。また、有名なアプリはほとんど両方にあるものの、最新のアプリはiPhoneの方から先に出る事が多い印象があります

5)操作感の良さ

いわゆるヌルヌル感、操作感のよさは依然としてiPhoneがNo.1です。操作していて快適です。

6)アクセサリーの豊富さ

多くの人が電気量販店で目にすることが多いと思う。モデルが絞られているので大量のロットで諸々のガジェットを生産できるので、アクセサリー類が豊富です。

7)音楽を聞く

iPhoneの方が音楽を聞く上での再生・管理・購入は断然有能です。

Androidの得意分野

1)画面の大きさiphone_android_hikaku

Androidは5インチ前後の端末が主力であり、画面が大きくて見やすいです。Webページやメール、電子書籍が快適に見れます。特に漫画は5インチだと1ページ全体を見れるため、スクロールの手間が省けます。

2)スペック・機能

プロセッサ、カメラスピードやピクセル数、メモリの容量、バッテリー等のスペックは、最新のアンドロイドはほぼiPhoneを上回っています。サクサク感は異次元です。また、防水・防塵、ワンセグ、赤外線通信、おサイフケータイ、顔認識等の機能があります。

3)メニュー・戻るボタン

Androidでは、メニューボタンで他アプリと連携したり、戻るボタンで何かのアプリで見ているページのURLをブラウザで開いて、また元のアプリに戻ってきたりするのが便利です。

4)日本語入力

Google日本語入力(無料)、ATOK(有料)の変換能力は高く、特にATOKに一度慣れると快適で、他に移るのがしんどくなります。

5)ウィジェット・メニューのカスタマイズ性

ウィジェットは便利であり、特にカレンダーの予定をすぐに見れるのが便利です。また、ホーム画面やメニューを自分に便利なようにカスタマイズできる点が便利です。特にカレンダーのウィジェットは、予定を一発で可視できるため便利です。

得意分野比較表

細かいことはよくわからない!そんな人はこちらの表をご覧ください。

比較を参考にしてください

得意な点
iPhone○ 音楽を聞きたい
○ HP(サイト)などの閲覧が多い
○ ヌルヌルサクサクがいい
○ 操作が簡単
○ 有名アプリ・ゲームが多い
○ セキュリティに強い方がいい
○ 写真を手軽にパソコンに転送したい
○ カーナビとしても使いたい
◯音声で指示・操作ができるSiriが超便利
Android○ ワンセグは必要だ!
○ 防水がいい
○ おサイフケータイが使える
○ ブログやSNSの書き込みが多い(日本語入力する機会が多い)
○ SDカードにデータを保存したい
○ 卓上充電ができる
○ 不在着信・メール受信のお知らせLEDがある!

iPhoneとAndroidの普及率ってどれくらいなのか

これまではiPhoneとAndroidの性能等をまとめてきましたが、周りの人がどちらを使っているのか重要なこともありますよね。みんなの話題についていくのにも仕事の上でも周りの多数側にいた方が便利な場面もあると思います。

まず日本での普及率の割合を示すとiPhoneの普及率は68.7%、Androidは30.5%となっています。確かに電車なのでよく見るのはiPhoneだと思います。その原因としてはiPhoneとAndroidの端末価格がほとんど変わらないのと、iPhoneのほうがカバーなどのアクセサリーが豊富であり、自分のオリジナルを作れるという考えがあってこのような普及率であると考えられます。

一方世界で見てみると下の表のようになります。

iphone_android_hikaku

このように日本とは真逆のような普及率の国が存在します。この原因というのは海外ではiPhoneよりもAndroidの方が端末販売価格が安いという理由があるようです。

 

URL :
TRACKBACK URL :

Leave a Reply

Return Top